梅田のセクキャババイトがおいしい理由

セクキャバのバイトって働く場所選びも大事って知ってました?
理由はアクセスバツグンな場所の方がお客さんは集まるからなんです!

関西エリアなら大阪の梅田などは、まさにその代表なんですが……
梅田でセクキャバのバイトをしたがっている妹に、梅田のセクキャババイトが
おいしい理由をシスコン姉が教えたいと思います!

大阪の夜景

梅田のセクキャバで働くのがおすすめな理由

妹:「え~、なんでなん?」
姉:「梅田は、キタエリアで働くビジネスマンや出張で来ているビジネスマンはもちろん、繁華街でもあるから幅広いお客さんからの集客が見込めるやんか。求人サイト見ても、セクキャバ求人の件数が多いってことは、そんだけニーズがあるってこと」
妹:「まぁ、うちみたいな住宅街にセクキャバできてもお客さん少なそうやしな」

姉:「あとな、梅田は日払い制のセクキャバが多いらしい」
妹:「なにそれ! めっちゃおいしいやん。これから急にお金が必要になったらセクキャバで働けばどうにかなりそうやな! 合コン前にブランドもんのカバン買ったり♪」

姉:「昼シフトの求人も、梅田のセクキャバには多いから、主婦の女の人にも人気らしいで」

妹:「時給もやっぱり高め?」
姉:「そやな、時給3,000円くらいからがスタート金額やろうけど、もらっている人で時給10,000円の人もいるようやし、ええんちゃうかな。会社員のお給料、軽く超えられてしまいそうやわ」

妹:「求人多いほうが、いろいろ種類選べて楽しいよな~☆かけもちもしていいんかな?」
姉:「ま、かけもちOKってお店もあるみたいやけど、実際はちょっとめんどいらしいで」

妹:「へ? そんなん働く側の自由やんか」
姉:「セクキャバの経営者側からすると、競合店で働いているセクキャバの女の子がいたら心象悪くするらしいで。おそらくやけど、そのお店ならではの接客ノウハウとかもあるかもしれんし、内部事情を知られるのはまずい。
だから、自分とこのセクキャバで働いている女の子が、競合店で働くのはちょっと~ってなるのもわかるわ」

妹:「ふ~ん、大人は大変やね」

梅田のセクキャバで働く前に知っておきたいカースト制度事情

姉:「セクキャバ店が多いってことは、働いているセクキャバの女の子もそれだけいる、わかるな?」
妹:「ライバルが多いってことやろ~。私、若いからイケるって」

姉:「それがな。うわさやけど、カースト制度なるものがセクキャバの世界にもあるらしいで~。指名客をゲットするにはどうしたらええと思う?」
妹:「他のセクキャバの女の子を指名していない人をつかまえる」

姉:「そう、やけどなお店側も、いつまでもあんたのことばっかりをひいきして売り出してくれるわけはない。売上の良い女の子とか、期待の新人を優先して売り出すことになる」
妹:「もし、売上が上がらんくて後輩がたくさん入ってきたら?」

姉:「売上を上げるセクキャバ嬢になるしかないんちゃうか……」
妹:「売上ってどうしたら上がるん?」

姉:「なんかな~、セクキャバ嬢のブログとか見てると、聞き上手な女の子は強いらしいわ。ほら、特に大阪の男の人って喋り好きな人多いし。
お客さんの趣味とか、仕事の話を聞いてあげて、それに合った返しをしてあげるといいらしいで」
妹:「ふ~ん、ま、それは経験しながら身につけるわ」

セクキャバに向いている女の子像

姉:「あんた、心の準備はできたんか」
妹:「え、私は最初から梅田でセクキャバのバイトする気やったけど」

姉:「セクキャバのバイトはな、擬似恋愛が大事らしいで」
妹:「おっちゃんに好き好き~ってなってもらえってことやろ? うち、そうやって来られても仕事やしって割り切るわ。いいやん、モテるのは悪い気しんし」

姉:「これからセクキャバのバイトする人は、いろんな男の人との擬似恋愛をするのが苦じゃないと思えるかが大事なんやろな。そう思える性格の人っていうか」
妹:「じゃあ、私にぴったりな仕事かも~♪キスは挨拶やし、おっぱい触られても減るもんじゃないし。癒やしを与えたったらええねん。ディープキス? 元カレに上手いって言われたし自信ある~!」

姉:「セクキャバのバイトがしたい人たち。セクキャバのバイトに向いている人は誰かっていうと、こんなやつです」
妹:「梅田でセクキャバのバイトする人、一緒に頑張りましょ~♪」

梅田のセクキャバで働く時の接客ルール

接客業って、お客さんが思っていることを瞬時に汲み取れっていうでしょ?
それは、風俗店とキャバクラ店の中間(風俗店寄り、かな)であるセクキャバも一緒。

じゃあ、セクキャバで働く時は、どんな接客ルールを知っておく必要があるのか?
接客業共通のマナーもあれば、セクキャバ特有のマナーも、もちろんあるんですよね~。

梅田でセクキャバのバイトをしたがっているハタチの妹を持つシスコン姉が調べたことを皆さんにもお伝えします!

ルールの文字がある黒板

セクキャバの接客ルールって?

妹:「接客ルールとか堅苦しいことって覚えなあかんのかな。セクキャバって」
姉:「ほら、調べてみたらいろいろあるやろ~。あんたKYやからな。お客さんを怒らせないか姉ちゃんは心配やわ」
妹:「は~、で、ルールって何なん?」

ダウンして名刺を渡す

妹:「どういうこと?」
姉:「ビジネスでもな、取引先の人より下の位置で名刺を渡せっていうルールがあんねん。そうすることで、自分の立場が下ですよってことを表すんよ。セクキャバの女の子は、お客さんをもてなす側やから、ひざまづいてっていうんかな……下から名刺を渡すのがいいんちゃうか」

指名が先に入ったお客さんを横取りしない

妹:「ん~? 他のセクキャバの女の子のお客さんは取ったらあかんってこと?」
姉:「ま、そういうことやな。名刺をお客さんに渡す時は、他の女の子が先に渡していないかチェックしてからにするっていう」
妹:「え~、難しそう」

ドリンクを自分からおねだりしない

妹:「え~、あかんのん~?」
姉:「お客さんから飲んでいいよって言われたときだけにしぃ。自分からカルア~とか言ったらあかんで」
妹:「喉乾きそうやん、働いていたら」
姉:「それが働く、ってことや」

初対面の人の前でタバコを吸わない

妹:「え~、タバコ吸いたくなる空気やん」
姉:「いろんなお客さんがいるやんか。タバコ嫌いな人もいれば、最近禁煙し始めた人もおるし。初対面ならなおさらあかん。それはセクキャバじゃなくてもそやろ」
妹:「仲良くなったらええの~?」
姉:「ま、お客さんにどう思われたいかちゃう? 俺のために気を遣ってくれてるんやなって思われたいなら吸わんほうがいいと思うで」

強引なお客さんをかわすしたたかさも必要

妹:「梅田のセクキャバってな、接待で来る人多そうやん。仕事のストレス発散や~いって、強引にアフター行こうよ、とか言われるんかな」
姉:「まぁなくもないんちゃうか。あんた、天然で思わせぶりなこと言ってストーカーに遭わんといてな」

妹:「どうやってかわしたらええの?」
姉:「例えばアフターに誘われた場合、行けませんって言葉だけで断るとお客さんも傷つくねん。そんな時は、地元の友達とカラオケが、とか行けない理由を添えてあげるっていうね。でも、嘘とかついてその嘘を忘れたらあかんで。メモっとき。」

妹:「お姉ちゃん。メモ好きやな」
姉:「あんたな~……もうええわ、梅田のセクキャバで体験入店でも何でも行ってきたらええねん」

梅田のセクキャバで体験入店前に知りたいこと

セクキャバのバイトって、まぁハードル高いですよね。
だって、見ず知らずのおっちゃんに服の上か素肌の上から胸を触らせるんですから。

でも興味本位でやってみたいとか、高収入だから人によって理由はいろいろなはず。
私の妹は、ホストのお兄さんに貢いで借金があるというトンデモ理由ですが。

そんな妹が、体験入店というものに興味を持ったというので、引き続きシスコン姉がセクキャバの体験入店前に知っておきたいことについて調べてみました。

出勤先は梅田なので、梅田のセクキャバ求人で見つけた体験入店を想定し、話を進めますね~。

制服の女の子

梅田のセクキャバ体験入店前に知っておきたいこと

姉:「なぁ、あんた。体験入店前に用意しなあかんもんとかお店の人に聞かなあかんこと考えられるか?」
妹:「え~! めんどくさい。お姉ちゃんがやってよ」
姉:「いや、私はあんたのためを思って……」
妹:「じゃ、私にもわかるように、簡潔に覚えなきゃいけないことまとめて~」
姉:「ほんまあんたワガママやな! しゃーなしやで」

顔写真入りの身分証明書を用意する

妹:「これ、ルールなん? もっとこうさ、接客の時にこうしてね、みたいなん教えてよ」
姉:「あんた、忘れそうやからメモっといたるねん。保険証は顔写真ないからあかんで」

妹:「なんで顔写真入りなんやろな」
姉:「嘘の住所とか名前使う人がおるからやろ。ほら、絶対やばいのが未成年。ハタチなんです~とかいう17歳がおったら、お店の人、警察にしょっぴかれるんやわ」
妹:「私、絶対童顔やし怪しまれそうやな。わかった、運転免許証持っていくわ」

給与体系と引かれるお金を確認する

妹:「え、給料まるまるもらえるんじゃないん!?」

姉:「アホか! セクキャバのお姉さんはな、綺麗にするためのお金がかかってんねん。あんたが好きな制服やら巻き髪やらラメ入ったメイクやらな。プロの人の手がかかることで、いつもとは違う自分になれるんやから」
妹:「衣装だけでええのにな」

姉:「だから、その辺を交渉したり確認したりする必要があるってわけ。体験入店前に知りたいなら電話した方がええわ」

妹:「え~、電話嫌い……LINEとかでもOKみたいやん」
姉:「お店の人の声とか話し方を電話で聞けば、大体どんな人かわかるやろ? 怖いおっちゃんとか嫌やろうし」
妹:「ん~……お姉ちゃん、電話して!」
姉:「それはあかん~! あとになってお店の人、怖かったとか泣きつかれるのは嫌や」

妹:「あ、そいえば。終電なくなったらどうしたらええんやろ」
姉:「送迎ありなとこは多いみたいだけど、この梅田のセクキャバ店は送迎代がかかるみたいやな」

妹:「へ? あと、税金がひかれるん?」
姉:「働いたらな、源泉徴収ってのがかかるんやで。給与の1割~2割引かれることが多いみたいやけど、そのあたりも確認しといたらいいかもな」

シフトを確認する

妹:「シフトって普通半月とかじゃないん? コンビニのバイトしてる友達、そうやで」
姉:「いや、それは店によるやろ。急用ができたら誰か自分の代わりに働いてくれる人を紹介せなあかん場合もあるし。そのあたりもどうしたらいいか聞くんやで」

お店のホームページがあるかを確認する

妹:「なんで?」
姉;「やっぱりさ、ホームページをちゃんと制作しているところはちゃんと経営している感じがするやん。会社の住所とかも載せてくれてたら、嘘の住所じゃないかとか調べようと思えば調べとけるし」
妹:「お姉ちゃん、疑い深い性格って言われるやろ」

姉:「社会人歴何年目や思ってんねん! 普通や普通。ホームページがあるセクキャバのお店なら、集客対策もしっかりしてるってわかるし」
妹:「私が行きたい梅田のセクキャバ店はバッチリやな」
姉:「あ~、この梅田のセクキャバ店は働いている女の子のブログとかも載ってるし安心やな。どんな女の子が働いているかわかるのがいい」

体験入店前は、金・身元を明らかにしろ

やっぱりどんなお仕事でも、お金って大切。
どんなにおいしい時給でも、いろんなお金を引かれたら手元に残るお金は少なくなるから。

身分証明書を求めるセクキャバのお店は、しっかりしていると思えるひとつの基準に違いありません。だって、未成年を働かせたらどうなるか……ニュースにたまに取り上げられている事件とか見たらあきらかですし。
自分が働いているセクキャバのお店が急になくなったら怖いじゃないですか。

妹:「だからこっちも身元を明らかにするし、セクキャバのお店も嘘つくなよ、と」
姉:「そうやな。ホームページがないセクキャバのお店って、ちょっとうさんくさくないかと疑うくらいでちょうどいい」

妹:「お姉ちゃん。これでもう体験入店申し込んでいいやろ」
姉:「待て待て~。次は、体験入店の時の接客ルールについて見ていくで」