梅田のセクキャバでバイトをしたがる妹へのアドバイス実録

皆さん、セクキャバってバイトにどんなイメージをお持ちですか?
私は正直、デリヘルとソープとの違いもよくわかりませんでした。ランジェリー姿のお姉さんが、サラリーマンのおっちゃんに体を触らせて満足させる、みたいな。

私には一生縁がないお仕事だと思っていたのですが、年の離れた大学生の妹がセクキャバのバイトに興味を持ち始めたので、セクキャバの仕事内容についてまずは調べてみることに。

これからセクキャバのバイトをしたいと思っている方もぜひ参考に。
私と妹は大阪に住んでいますが、大阪の中心地である梅田のセクキャババイトを探すことにしました。
(私と妹のアホな掛け合いにもご注目を)

花を抱えた女の子

セクキャバのバイトをしたがる妹の理由

大阪在住、28歳になるアラサー女子の私には、大学2回生になるハタチの妹がいる。
8歳も下の妹だから、これまで喧嘩もなく、時には娘のように妹を可愛がってきたつもり。

ボーナスが出たら、妹が大好きな姫系のお洋服を買ってあげて、ホテルのランチバイキングにも連れて行ってあげてた。

好きな子ができたら、妹に似合う化粧品を探しに百貨店のコスメ売り場に付き添ってあげたし、美容室で妹に似合う髪型を一緒にオーダーしてあげたこともあった。

娘のように可愛い妹。そんな妹がある日。

妹:「お姉ちゃん、私な、お金がほしいねん」
姉:「あんた、時給1,200円のテレアポのバイト始めたやんか! それでもお金足らへんの?」
妹:「だって、テレアポって3時間とか短時間しか働けないバイトばっかなんやもん~。ノルマノルマ言われてストレスやし」
姉:「じゃ、何? 新しいバイト増やすんか?」
妹:「あんな……梅田でセクキャバのバイト、やってみようかなって思ってんねん」
姉:「はっ!?」

20年間可愛がってきた妹から、セクキャバなんて言葉が出てくるなんて。
何かの間違いだ……私は一瞬フリーズしたが、思考を再起動することにした。

姉:「何でセクキャバなん?」
妹:「え、だって手っ取り早く稼げそうやん。普通のキャバ嬢より給料高そうやし」
姉:「あんた、本気で言ってるん? セクキャバって何するとこかわかってんの?」
妹:「男の人におっぱいもませるとこやろ? 私もう大人やし、ぜんぜん大丈夫やわ」

妹はハタチだ。だけど、根っからの妹気質で年齢より精神的に幼い部分がある。
深く考えずに「セクキャバのバイトすんねん」って言っているに違いない。

姉:「で、そんなすぐにお金がほしいんか? いくらや、姉ちゃん貸しといたるから」
妹:「20万円」
姉:「は!? ちょっと待て、何があった」
妹:「友達とホストクラブ行ったらな~、私の好きなV系バンドおるやんか。私が好きなメンバーにそっくりなお兄さんがおってん♡で、楽しくていつの間にかぱ~っと。払えんかったからな、特別につけときますわ言われて」

20万円……社会人の私の1ヶ月分の給料やないか。
可愛い妹をセクキャバ嬢にするのは辛い。何か他のバイトをさせるようにまずは仕向けるか。

姉:「事情はわかった。じゃ、セクキャバって何なのか。一緒に調べよか」

セクキャバ嬢のバイト始めるとしたら仕事内容は?

姉:「セクキャバ店とは、お客さんが女性の胸を触ったりキスしたりするお店のことです。
普通のキャバクラと比べると風俗店の要素が強いのが特徴。ハッスルタイムと呼ばれるサービスタイムには男性の股の上にまたがることも」
妹:「へ~、そんなんでいいんや。思ったよりセクキャバって楽そうやな。で、時給は?」
姉:「時給は3,000~5,000円スタートからが一般的。人気が上がればどんどん時給が上がるんやと。え~……胸だけでなく下半身、性器までお触りOKだとますます時給はUP」
妹:「お触りだけで本番なしやろ? デリヘルとかソープよりは性病かからなそうやしいいんちゃうかな」
姉:「あんた、まじで言ってるん!? 見ず知らずの人の前で裸見せて触られるんやで。油ギトギトのおっちゃんにそんなことされてうわ~ってならへんのん……」
妹:「おっちゃんは、金やと覚えばいいねん」
姉:「な~、CとかDカップあると望ましいってあるけど、あんたそんなあった?」
妹:「うちはこう見えて隠れ巨乳やねん! お姉ちゃんみたいに貧乳ちゃうから」
姉:「あ~、そうかそうか」

痛いところをつかれて、半ばヤケクソ気味な私だったが、妹の気の済むまでセクキャバとは何ぞやっていうのを調べてあげることにした。

まずはどんなセクキャバの求人があるか見てみようってことで、セクキャバ専門の求人サイトを妹と一緒に見てあげることに。

梅田でセクキャババイトを探す、の巻

姉:「何で梅田のセクキャバにするん?」
妹:「大学がミナミやし、ミナミでバイトするんは知り合いにバレそうでちょっとな。家との中間距離で梅田のセクキャバのお店とかどうかなって」
姉:「ふ~ん、じゃ、梅田エリアに絞るか。33件もヒットしたで、意外とあるもんやな。
梅田は客足が多く高収入のセクキャババイトにはもってこい、らしいで」
妹:「お姉ちゃん、見て! 衣装からセクキャバのバイト探せるんやて~♪」
姉:「あんた好きそうやな。じゃ、何の衣装がいいんや?」
妹:「制服、アイドル、ベビードール♡」
姉:「とりあえず◯KBみたいなんがいいんやな、はいはい。3件に絞られたで」
妹:「女の子の制服かわいい~、ここがいいな」
姉:「ノルマ無し、お客との番号交換なし。お、衣装を脱ぐ行為は禁止やって。そら安心やね」
妹:「スポーツジムとか美容室の優待利用あるんや♡梅田のセクキャバって最高やな。だって仕事終わりに飲んだりカラオケもできるやん! 早く体験入店したい~」
姉:「へ~、あんたと同い年の女の子もおるやん。客層も梅田やし、ミナミのセクキャバよりビジネスマンが多い気はするよな」
妹:「お姉ちゃん、早く体験入店応募のボタン押して~。私は明日から梅田のセクキャバ嬢でてっぺん取ったんねん!」
姉:「もうちょい調べてからにしようや! 姉ちゃんはまだセクキャバのバイトを許したわけちゃうからな」